お問い
合わせ

お問い合わせフォーム

下記ボタンでデータが送信されることで、このフォームに入力した内容が処理されることにお客様は同意し、さらに、個人情報保護ポリシー にも同意されるものとします。これは、お客様のお問い合わせに対応するために必要なデータ処理となります

Gartner Reports
Warehouse with fork lifter robots
スマート物流 スマート物流

倉庫管理システム LFS

LFSは、インテリジェントに繋がった倉庫を管理するための倉庫管理システムであり、幅広い業種の要件に
合わせてカスタマイズされ、また貴社のニーズに合わせて構築されています。モノや情報の全体の流れを
計画・管理し、貴社のスタッフや利用できるすべてのリソースの運用計画を管理するサポートをいたします。弊社の倉庫管理システムLFSは、100%安全かつ最大限の透明性をもって、すべての手動及び自動化された保管ユニットの移動を能動的に誘導することで、一般的な倉庫管理システムとは差別化を図っています。

倉庫管理システム LFS
倉庫管理システム LFS
LFS: 本番デモ

いますぐ問い合わせる

LFS
倉庫管理システム

LFS倉庫管理システムは、貴社の物流のワークフローに合わせてフレキシブルにカスタマイズすることができ、
貴社のシステム変更の際にも優れたサービスを提供する形で対応いたします。当システムのメリットの概要:

全てのプラットフォームやデータベース

LFS倉庫管理システムは、Windows、Linux、IBM iSeries(AS/400、i5)などの全ての一般的な
プラットフォーム上で動作するほか、モバイルアプリケーション用のAndroidやiOS
オペレーティングシステム上でも使用できます。また、業界をリードするデータベースであるOracle、MS SQL、DB2でも簡単に利用することができます。すべての一般的なERPやPPS
システムへの通信インタフェースは、SOA環境で使用するためのサービスと同様に、例外なくLFSに備わっていますLFS倉庫管理システムは、1997年にSAPの認証を取得しています。

マルチクライアント及びエンタープライズに対応

貴社の物流は拡大している最中でしょうか?新しい拠点や施設への連結は、新しいクライアントの
追加と同様に迅速かつ簡単に行えます。弊社のライセンスモデルは柔軟性に富んでおり
クライアントの数やLFSシステムを使用しているユーザーの数に関係なく、1つのライセンスで
全てのサイトを管理することができます。

グローバルサポート

貴社が使用しているLFSソフトウェアのバージョンには関係なく、弊社のソフトウェア
ソリューションに対して一年中24時間のグローバルサポートの提供が保証されています。
弊社のサービス担当者は、継続的なトレーニングを受けており、常に最高の技術レベルを
維持しています。

パワフルで最先端技術を
駆使した機能を備えたLFS 

イントラロジスティクスの全プロセスデータはリアルタイムで LFS に集められ、そこでデータは処理され、
表示されます。そのため、コントロール・ステーションでは、物流での現況を把握することができます。
入庫、注文状況、ピッキングなどの物流プロセスは、「TIMESQUARE」ロジスティクスコックピットを介して明確に表示されます。早期に倉庫内の弱点が特定されるようになります。例えば、コントロールセンターの
担当者は、今後のボトルネックについて事前に情報を把握することができます。従業員及び資源管理もLFSで管理することができます。現代の倉庫管理システムが過去の経験から学び、先を見越した提案をする等、作業担当者をサポートする先進的なシステムへと発展しつつあることをLFSははっきりと表しています。例えば、バスケット分析やルート・ピッキングパスを使って、事前に倉庫内の保管棚割り当てを計画し、最適化する
ことができます。これを実現できるようにEPGではすでに、人工知能(AI)の構成要素をLFSに統合して
います。その一例がスマート受注予測です。これは、過去の物流データと外部データ(天気予報など)を
利用し、将来の受注を正確に予測します。

プロフェッショナル倉庫管理システム(WMS) - LFS
プロフェッショナル倉庫管理システム(WMS) - LFS
あらゆる業種に対応した倉庫管理システム

産業別の特徴と機能の概要

EPGの倉庫管理システムは、貴社の業界特有の要件に合わせることができる、効率的でフレキシブルな物流管理システムです。

tabImageRecord.title

車部品及びスペアパーツの流通

 

  • TMS輸送管理ソリューションとの密接に連携
  • 最適なジャスト・イン・シーケンスとジャスト・イン・タイムのプロセス制御
  • LFSによるタイムスロット管理
  • ボリュームに最適化された保管棚の配置管理
  • 危険物の取り扱い
tabImageRecord.title

化学製品、医薬品及び医療

 

  • 製造供給
  • バッチの追跡性
  • 保管能力規制
  • 1000ポイント規定
  • 危険物量の閾値
  • 医薬品ディスペンサーの統合
  • 病院での物流
tabImageRecord.title

エレクトロニックス

 

  • ケーブルドラムとカット電線の管理
  • 最適なケーブル切断
  • 卓越した管理で返品を削減
  • 最適化された倉庫内のパス管理
  • 小量・時間厳守の配送に対応したクロスドック機能
tabImageRecord.title

商取引 & Eコマース

 

  • マルチオーダーピッキング
  • 永久在庫で保管されるアイテム
  • スマートな受注混載による注文処理ワークフローの高速化
  • 流通加工を組み合わせた効率的な返品管理
tabImageRecord.title

産業及び製造

 

  • 生産ラインの効率化を図ることで貴社業績がアップ
  • ダウンタイム防止
  • 各種保管タイプの統合
  • ジャストインタイム/ジャストインシーケンスの各々のプロセス
  • 各種マテハン技術の統合
  • 牽引車の制御
tabImageRecord.title

食品飲料品

 

  • エンドツーエンドの追跡性と透明なプロセスチェーン
  • ハンズフリー/アイズフリーをコンセプトに、重箱やパレットの取り扱いを容易にするボイスピッキングを採用
  • 搬送制御システムによるスタッカーのスマート制御
  • 空容器及びパレット処理
  • マルチスタッカーの制御
  • 賞味期限 (BBD) の取り扱い
tabImageRecord.title

物流サービスプロバイダ

 

  • 物流サービスの請求処理
  • 流通加工
  • 貨物積載使用としての最適化
  • 変化する要件に対してフレキシブルに対応
  • 全ての連結された拠点に優れた透明性と一元化されたアクセス
  • 最終顧客に至るまでのエンドツーエンドの品目管理
tabImageRecord.title

繊維工業

 

  • 均一なカートンやパレットを効率的に作成
  • 多種多様な品番範囲の取り扱いが簡単
  • 在庫枯渇なし (NOOS)
  • 固定あるいは動的な保管棚位置
  • 自動化された供給管理及びセット作成
  • 流通加工

あらゆる業種に対応した倉庫管理システム

LFSは、複雑な物流プロセスであっても、パラメータをフレキシブルに設定、いつでも拡張ができるため、どの業界
でも使用できる物流ソリューションを提供します。多言語であり、かつ使いやすいユーザーインタフェースも頼りになります。

産業別の特徴と機能の概要

貴社のビジネスが物流サービス食品飲料品車部品・スペアパーツ製造業化学品、医薬品・
医療
Eコマース・ファッションその他の産業に関わるビジネスであれ、弊社はあらゆる
ビジネスに対応しております。LFS倉庫管理システムは、貴社の倉庫管理システムの全てのニーズを適切に満たせるように、業界別に合わせた様々なパッケージを用意しています。LFSに倉庫管理を
任せることで、貴社はコアビジネスに集中できるようになります。

倉庫管理のための拡張可能なモジュール

貴社の要件が変更した場合でも、LFSは新しい条件に迅速に適応します。また、モジュールを新たに追加する場合でも、弊社の倉庫管理システム(WMS)は簡単にカスタマイズができますので、
最大限の柔軟性と拡張性が保証されます

インターナショナルユーザーにも優しいインタフェース

現在、LFSは16カ国語に対応しており、使いやすい"「iBrowser」ユーザーインタフェース
世界中で利用されています。すでに弊社の倉庫管理システムを利用し、インターナショナルに
展開している多くの著名な組織をご確認ください。

ロジスティクス & サプライチェーン管理

強力なネットワークやパートナー

tabImageRecord.title

ガートナー・マジッククアドラント

  • EPG は、IT アナリストの Gartner による倉庫管理システムのマジッククアドラントに掲載
  • 成熟した高性能ソリューションを提供するグローバルランキング1位として位置付けられた
    WMSプロバイダ
  • 年次プロバイダ分析と出版物への掲載
tabImageRecord.title

EPG LFS - 実証済みのソリューション

  • 弊社倉庫管理システムが認知される
  • フラウンホーファー・マテリアルフロー及びロジスティクス研究所(IML)により
    毎年評価対象となっている
  • LFSがIMLのオンラインポータル上で認定ソリューションとして含まれる
選定のお手伝いをします

貴社に合った倉庫管理システムを
お探しでしょうか?

倉庫管理 – 質疑応答

倉庫管理システムとは何か、システムのコストに対してどのような可変要素があるのかなど、倉庫管理では
多くの要因を考慮しなければなりません。ここでは、倉庫管理システムの使い方や連結方法について、
最も重要な質問にお答えします。

ソフトウェアソリューションの柔軟性及びその統合性の度合いも同等に重要です。現在だけではなく、将来に向けても
要件を満たしていかなければなりません。WMSを選ぶ際の推奨事項としてガイドラインを設けてあります。

優れたWMSは、物流センター内のモノや情報の全ての流れを優れた形で効率的に管理します。システムとして、市場で
リードするどのデータベース、どの共通プラットフォーム上でも問題なく動作する必要があります。
このソリューションは、貴社が設定した要件とともに成長し、貴社の基準を満たすための高い柔軟性を
持っていなければなりません。

倉庫管理システムは、倉庫の管理・整理だけではなく、それ以上のことが求められます。WMS は、国境を越える取引
でも、多言語を扱うことでも、また、個々の拠点や子会社ごとに要件が異なる場合でも、1 つのソフトウェアの
バージョンだけで、モノの流れ全体を制御することができなければなりません。LFSを使用することで、1ヶ所から
すべての物流プロセスが制御できるソリューションを手に入れることができます。

企業は、倉庫内のコスト削減の可能性を最大限に活用し、倉庫環境に課せられた将来の要求にも対応するために、
これまで以上に多くの機能を必要としています。ぴったり合ったフレキシブルなWMSは、プロセスワークフローの
効率を高め、節約が顕著に表れるだけでなく、低コストで物流の将来性を確保することができます。

標準版には、LFSはスターターパッケージが事前に用意されています。このパッケージで、アクティブな
倉庫管理するための基本的なニーズが満たされます。追加が必要なモジュールはすべてプリインストール
されていますので、必要に応じていつでも有効にすることができます。

はい。LFSは一般的なすべてのERPシステムに簡単に繋げることができます。例えば、弊社のLFSは
1997年にSAP認証を取得しています。標準化されたSAPインタフェースを使用することで、LFSとSAP
簡単にリンクができ、作業は最小限に抑えられます。

弊社のビジネス向けのEPGプライベートクラウドソリューションを利用することで、将来への準備が
整います。貴社が必要とするすべての機能が揃います。弊社のソリューションは、貴社のビジネスに合わせて
成長していきます。ですので、支払いは必要最低限で済みます。

弊社の顧客の中で、倉庫管理システムLFSを使用している中小企業は多くあります。システムの柔軟性と
モジュール構造であるため、貴社の要件や会社の規模に応じて修正を加えることができます。弊社顧客の
概要は、企業参照ページをご覧ください。

倉庫管理システムLFSは、Androidで動作します。また、LFSはiOSだけでなく、Windows、Linux、
IBM iSeries(AS/400、i5)などの他のプラットフォームでも動作します。

Ehrhardt + Partner コンサルティング (EPC) は、メーカと一線を画した物流コンサルタントです。貴社の
プロのパートナーであるEPCは中立的な立場から、物流計画や包括的なサプライチェーンプロジェクトの
実施において業務を遂行いたします

倉庫管理システムという言葉がすでに暗示するように、従来の倉庫管理システムは、倉庫を管理することを
目的としています。これらのシステムは、品物の入荷からピッキング、在庫保管、そして出荷まで、
「倉庫の 4 つの壁」内に限られたすべてのタスクに特化した設計になっています。EPG の倉庫管理
システムは、これらのプロセスを能動的につなげて、インテリジェントに同期させます。 これは、どの
タスクでも、人員計画や資源計画を含め、上流と下流のプロセスが常に考慮されていることを意味します。

ERPパッケージの一部であるロジスティクスシステムとは対照的に、WMSに特化した業者からの倉庫管理
システムは、特に物流業界の要件に合わせて設計されています。その結果、標準的なソフトウェアソリューションでは、
多くの必須機能がそのまま利用できるため、大規模なカスタマイズは必要ありません。また、LFS倉庫管理
システムのようなソリューションは、ERPシステムよりも幅広い機能が備わっているため、貴社のニーズに
直接対応することができます。

そのため、企業は将来の課題や成長に備えた将来性のあるシステムで確実な計画を立てることができます。
弊社の画面やユーザーインタフェース、ソフトウェアの内容は、物流要件に合わせて特別に設計されています。
倉庫のスタッフには、実際に必要としている情報だけが提示されます。これは、EPGが、倉庫や物流業務に携わっていた
管理者を多く採用し、彼らの実践的な経験を開発に採用して実現されています。

どのような倉庫管理システムであれ、求められる要件はそれぞれの顧客により非常に異なります。プロジェクトの
スコープは必要とするプロセスや機能により決まる
ため、大きく変動することがあります。したがって、
倉庫管理システムの固定価格を提示することは非常に難しいことです。とはいえ、貴社の要件をいつでも
伺わせていただけると幸いですので、気軽にお問い合わせください。

1つ目のグループはERPパッケージ(SAPなど)の一部を構成するものがあり、2つ目は、EPGのような、
特定の物流の専門知識を持ち、独自の倉庫管理システムを開発しているスペシャリストからのものです。
どのようなシステムが貴社に適しているかを判断するのに役立つ概要説明がホワイトペーパーとして
ありますので、ご参考ください。

適切な倉庫管理ソフトウェアを選択するにあたり、システムインタフェースが重要なポイントとなります。
例えば、LFSとSAPは、弊社の認定されたSAPインタフェースを使用して接続されます。コストを最小限に
抑えられるようにそれぞれのIDocsのデータ内容は、貴社とSAPコンサルタント間で定義していただきます。
弊社はこれまで、数百件のプロジェクトを通して、様々なIT環境やシステムにLFSを接続してきました。
貴社の倉庫管理システムの要件を是非ご相談ください。

大企業から中小企業まで幅広い顧客である全社が弊社のEPG物流ソフトウェアを使用しています。
弊社システムが持つ柔軟性とモジュール設計により、顧客それぞれ異なる要件や規模に合わせたソリューションを
届けることができます。弊社システムを採用した顧客については、企業参照のページをご覧ください。

顧客

あらゆる産業を網羅している
1500以上の主要な組織

全体的なアプローチ

EPGが届ける倉庫管理

LFS magazin

EPG顧客向け雑誌

貴社の業種に適したモジュールをお探しでしょうか? LFSモジュールの概要