お問い
合わせ

お問い合わせフォーム

下記ボタンでデータが送信されることで、このフォームに入力した内容が処理されることにお客様は同意し、さらに、個人情報保護ポリシー にも同意されるものとします。これは、お客様のお問い合わせに対応するために必要なデータ処理となります

Gartner Reports
共に強くなる 共に強くなる

弊社LFSで成功への道を共に歩む。

事業が成功し、これからは更に拡大したいとお考えでしょうか?弊社がサポートいたします。弊社LFSのパートナーになり、世界で最も急速に成長している産業である物流の世界に加わってみませんか?物流は、技術革新の膨大な可能性を秘め、かつ常に進化し続ける技術を持ち合わせていて、無限の可能性を提供します。弊社と一緒に成長しませんか。物流オペレーションを最大限に活用するために貴社の顧客をサポートすることができます。弊社のLFSパートナーモデルは、多岐にわたり、販売レベルからLFSの導入パートナーまであります。 

files.0.title

ドイツの先進物流システムを日本的サポートで提供

EPG社との出会いは、2010年にtopsystem社の音声認識ソフトウェアLydiaの日本代理店になったことに遡ります。そして、2016年にtopsystem社がEPG社に統合されたことから、2019年にEPG社と業務提携しLFSの日本語化を開始しました。そして、この度、EPG社が、弊社と協力して本格的に日本でのビジネスを開始することになったことを心より嬉しく思っています。

 

日本では、外国製の倉庫管理システムは殆ど普及していませんが、それは、多くのカスタマイズが必要な限定されたシステムに起因していると思われます。一方、海外では豊富な機能と運用をシステムに合わせる文化からパッケージソフトが広く使われています。LFSは、クラウドシステムのパッケージでありながらカスタマイズにも対応でき、しかも、不定貫対応やSAP接続などの豊富な機能により、殆どカスタマイズなしで運用できるのが特長です。

 

今、省力化、効率化、多頻度化、グローバル化などの物流DXが求められています。弊社は、EPGグループの一員として、DXに対応した先進物流システムを日本的なサポートで提供します。

 

2021年10月

アイニックス株式会社

代表取締役 平本 純也

LFSのパートナーになる3つの大きな理由。

物流のリーダー

弊社のEPG統括ソフトウェアは、すでに市場をリードするソリューションとしてその地位を獲得しています。長いサービス内容のリストで、世界中の全産業を代表するビジネスクライエント1500社が納得しています。EPGのサクセスストーリーに加わり、貴社自身が成功の道のりを積極的に歩みませんか。 

新しい市場を探索する

ビジネスをこれから成長させたいお考えでしょうか?新しい産業や市場の開拓を希望されていますか?LFSなら簡単です。LFSのパートナーとして、EPGとソリューションソフトウェアが提供する、最大限の柔軟性、高い品質基準、信頼性の高いプロセスなど、あらゆるメリットが力になります。ロジスティクスという未来の市場を形作るお手伝いをさせてください。 

長期の視点に立った対顧客プランニング

弊社は顧客とは長くお付き合いしたいと考えています。お互の信頼感と、可能な限り最高のソリューションを実現したいという願いが、弊社の共同の取り組みを進める上での原動力となっています。LFSのパートナーとしてこれらの素質を貴社の顧客に直接伝えていけると考えています。これには最も革新的な産業である物流、それに向けた将来性が確保されたシステムソリューションも含まれています。 

files.0.title

E+Pは、1500以上の倉庫プロジェクトを実施してきた長年の経験から、倉庫物流のリーディングエキスパートとして、LFSサプライチェーン実行系システムを開発しました。LFSは、貴社のすべての倉庫プロセスを積極的にガイドおよび管理し、これらのプロセスをインテリジェントな方法で同期し、すべての倉庫リソースの使用を自動的に制御します。さらに、弊社の非常に安全性が施されたソリューションは、貴社の手動及び自動化倉庫内で行われている全てのイベントの一貫した透明性を保証します。 

パートナー

倉庫テクノロジーのパートナー

今すぐご連絡ください。

LFSのパートナーシップについて、詳しい情報をお届けしたいと存じます。どのようなオプションの種類がありますか?どのような前提条件が揃っていなければなりませんか? 

LFS パートナーになる
LFS.magazine.

EPGが届ける顧客向け雑誌

1.  500

顧客数

全産業に渡り

1.  500

倉庫プロジェクト数

が世界各地で実施済み

100.  000

ユーザー数

が日常的にLFSで仕事をしている