お問い
合わせ

お問い合わせフォーム

下記ボタンでデータが送信されることで、このフォームに入力した内容が処理されることにお客様は同意し、さらに、個人情報保護ポリシー にも同意されるものとします。これは、お客様のお問い合わせに対応するために必要なデータ処理となります

Gartner Reports

食品飲料品 食品飲料品

品質と鮮度を1つのシステムで管理:
食品飲料品

食品飲料品を扱う卸・小売業者の日々の業務には、厳格なガイドラインが敷かれています。バッチの首尾一貫の追跡、賞味期限やバルクの取り扱い、ボイスピッキングなどの多様なピッキング方法の統合などすべてLFSソリューションで実施できることです。さらに、弊社の物流ソフトウェアは、顧客が求める新規仕様や法規制にも迅速に適合させることができます。競合他社より一歩先に進んだ弊社の倉庫管理システムで、システムがもたらす高いレベルの透明性と効率性を、ご自身で確かめてみてください。

Seeberger

ドライフルーツの生産の
話だけではありません

個別のニーズに対する1つの包括的ソリューション

ひと目でわかる、当産業での特徴と機能

tabImageRecord.title

食品飲料品

  • 空容器と再利用可能な包装の取り扱い
  • −30°Cまでボイスピッキング可能
  • 温度区画管理
  • 熟成期間の管理
  • 倉庫戦略(FIFO、FEFO等)
  • マルチ運搬処理
  • インテリジェントな出荷前品物のスペース管理
     

LFSには、食品飲料品産業向けの各種モジュールが含まれています

  • 賞味期限 (BBD) の取り扱い
  • バッチ処理
  • マルイチオーダーピッキング: 2段階のワークパッケージ
  • ボイスピッキング
  • バルク処理
  • 品質証明書/ラベル
  • 飲料品の物流

極端な条件下の物流

食肉、冷凍食品、乳製品などの保管であれ、食品はしばしば極端な条件下で運ばれます。これは法的規制に従って食品の鮮度を保つ唯一の方法であるからです。弊社の IT インフラは−30°C の温度環境下でも安全で信頼性があります。現在、弊社の倉庫管理システムは、すでに多くの冷蔵倉庫でモノの流れ全体を管理しています。

スポットを当てる

飲料品を取り扱う場合のボイスピッキング

飲料品を手動でピッキングすることは、体に非常に負担がかかるものです。そのため、飲料卸業者や小売業者の90%がピッキングシステムを採用する際にはボイスピッキングを選んでいます。この技術の大きな利点は、スタッフの両手が自由になるため、品物のピッキングに集中できることです。弊社のWMSはボイスピッキングシステムに対してオープンインタフェースになっています。さらに、Lydia® Voice Suite EPGでは、音声制御プロセスで業界をリードする最先端のソリューションが揃っています。

Lydia® Voice Pickingを使用することで人間工学の観点からも改善し、飲料の卸売業者や小売業者の生産性を最大20%まで向上させることができます。