お問い
合わせ

お問い合わせフォーム

下記ボタンでデータが送信されることで、このフォームに入力した内容が処理されることにお客様は同意し、さらに、個人情報保護ポリシー にも同意されるものとします。これは、お客様のお問い合わせに対応するために必要なデータ処理となります

Gartner Reports

物流サービス 物流サービス

多種多様多義にわたる物流サービス業者はLFSを使用することで最大限の柔軟性が得られます。

物流サービス業者は、それぞれ幅広い要件を持つ幅広い顧客層にサービスを提供できなければなりません。そのため、市場で成功するための基準として、柔軟性と顧客重視が最も重要になります。すべてのプロセスは、倉庫内だけでなく、輸送のプロセスとも同期化させる必要があります。さらに、下請業者は、取引先や産業界からの新たな、物流の要求を絶えす投げかけられています。これらに対し、弊社のLFS倉庫管理システムは、モジュールとして設計され、マルチクライアント対応で、幅広い機能が備わっているため、LFSは競争の激しい環境の中にある物流サービスで、決定的な優位性を得るために必要な柔軟性と信頼性が提供できます。

Galliker

LFSで自社倉庫管理

個別のニーズに対する1つの包括的ソリューション

ひと目でわかる、当産業での特徴と機能

tabImageRecord.title

物流サービス

  • 変化する要件にフレキシブルに対応
  • 高い透明性と、接続されている各拠点への一元管理
  • エンドユーザーまで途切れることのないアイテム管理
  • どのプラットフォームとでも機能する
  • 多国籍で大企業にも対応
  • 16カ国語に対応
  • 認証済みインタフェースを介して各種ERPシステムと接続
  • 新規クライアントの個別接続
     

LFSには、物流サービス向けの各種モジュールが含まれています

  • 物流サービスの決算処理
  • 出荷追跡 - ログのトレース
  • マルチオーダーピッキング
  • 流通加工
  • 統合された出荷管理システム : CEP業者との連携
  • プラットフォームに依存しない
  • 貨物容量計算
  • 運賃計算
  • ヤード管理
スポットを当てる

物流サービスの決算処理

物流サービス業者は、システムを使用して、サービスの対価全てを請求処理しなければなりません。ここで初めて個々の顧客に対する収益性が確認できます。このためには、LFSは包括的な一連のオプションを提供しています。物流ソフトウェアでは、顧客ごとに、入出庫やピッキング工程、梱包、配置変え、流通加工、積込みなど、倉庫内のすべての動きのデータを収集します。月次請求に向けて、倉庫管理ソフトウェアは、顧客ごとの物流サービスを自動的に分析し、使用された保管棚の数に基づいてLFSは信頼性の高いパフォーマンスデータを日々提供します。物流サービスのビリング・モジュールには、請求書の印刷、保管料の計算と発行も含まれています。弊社のソフトウェアソリューションを使用することで、物流サービス業者はコアビジネスに集中することができます。